車で赤ちゃんが泣いてしまってつらい…そんな方に「ポータブルDVDプレイヤー」がオススメ!

赤ちゃんを車に乗せていると泣いてしまって、かわいそうでつらい…という悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。まだ小さな赤ちゃんは常に抱っこしていてほしいもの。自分で動き始めた子なら、チャイルドシートに固定されてしまうのを嫌がるのは当然です。もう少しだから我慢して!なんて言っても分かってくれません。

息子も0〜1歳の間、車に乗るのが大嫌いでした。生まれた時からとにかくよく動く子で、じっとしているのが大嫌い。起きてる時にベッドに寝かされているのも嫌で、ハイハイできるようになるまでは寝てる時以外ずーーっと抱っこしていました。ちょっとの間でも寝かせておこうものなら大泣きで、本当に大変でした。

そんな息子にとってみたら、チャイルドシートにベルトで縛りつけられるのなんかとんでもない話。どうにかなるんじゃないかって心配になるくらい、顔を真っ赤にして怒って泣いていました。

でも子どもの泣く声って、本当につらいんですよね。とくに女性は、子どもの泣き声が不快に聞こえるようにできてるみたいです。何とかしてあげたくなるし、でも運転中に抱っこすることはできないし…イライラするし、焦るし、罪悪感もあるしで、運転に集中もできません。当時は本当に、息子と車に乗るのが恐怖でした。近所のスーパーに行くことすらできませんでした。

車で使えるポータブルDVDプレイヤーを購入!

そこで藁をもつかむ思いで購入したのが、車で使えるポータブルDVDプレイヤーです。

プレイヤーを買ったのはたしか1歳になるかならないかの頃だったのですが、ほんと何でもっと早く買わなかったのか…!こんなに簡単なことだったのか!!と後悔しました。それくらい、「車に乗る」ということへの恐怖がなくなりました。

大抵の子はそうだと思いますが、息子もテレビが大好きで、特にこの当時はいないいないばあっ!のワンワンが大好きでした。家にいて機嫌が悪くてもテレビをつけとけば大人しく見ててくれるので、「この手が車でも使えれば…」と思ったのが購入のきっかけです。

運転が夫で、私が隣に座るときはスマホで動画を見せとくこともできたのですが、手でずっと持ってないといけないし、通信量もかさんでしまいます。(うちは夫婦で合わせて5ギガしか使えない契約なので、Wi-fiある環境でしか動画はほぼ見れないんです…)それに地方は車社会なので、私1人で運転して出かけることの方がどうしても多いのです。

車でのお出かけが劇的に快適に

でもこれを使い始めたことで、車に乗ることへの恐怖がなくなりました。

それまでは、車で移動する際は息子のお昼寝の時間に合わせて出発していました。眠い時だけはチャイルドシートを嫌がらなかったので、眠くなる時間を見計らって出発して、移動中に寝かせるというスタイル。また、途中で駐車場などに止まってしまうと起きてしまって後の時間が地獄になるので、移動途中でコンビニに寄るなんてことはもってのほかでした。とにかくそーっと、細心の注意を払って運ぶという、なかなか当事者以外には想像しづらい苦労を背負っていました。

なので、例えば友達といっしょに買い物行こうってことになったときにも「道わからないからどこかで合流してついてっていい?笑」て軽ーく言われて(どうしよう…友達待ってる間に息子起きちゃったら後の30分ほど地獄だよ…)と思って引きつったり(その約束は結局いろいろあって流れました)、里帰りするのに車で5時間ほどの道のりを、息子の朝寝と昼寝に合わせて休憩を入れてたら7時間ほどかかってしまったこともありました。

それが一気に全部なくなりました。とにかく息子の寝る時間に合わせる必要がなくなったので、スーパーなども気軽に行けるようになりました。また、スーパーなどいくつかのお店が集まった施設なんかだと、それぞれがけっこう離れているので駐車場内も車で移動したりするのですが、そういうのもできるようになりました(以前は車に乗せると泣くので、けっこうな距離を抱っこで歩いて移動していました)。当たり前の生活が、ようやく戻りました。(失って初めてわかる「当たり前」のありがたさ…)

我が家で使っているポータブルDVDプレイヤー

オススメのポータブルDVDプレイヤーをご紹介したいところですが、色々使って比較したわけではないので我が家で使っているものをご紹介します。というか、使ってみてかなりよかったのでこれがおススメです。

こちらは付属のコードでシガーソケットから電源をとることができ、充電することなく使用できます。またバッテリーも内臓しているので、充電して車以外で使うこともできます。他にもテレビにつなげるコードや家庭用コンセントから電源をとるコード、子ども用ヘッドホンなども付属しています(使ったことはありませんが)。またDVDの他、USBとメモリーカードも使えます(こちらも使ったことはないです)。

3年保証

同メーカーの同シリーズでもサイズは色々あり、価格ももっと安いものがあるのですが、オススメはこちらです。なぜならこちらには3年保証がついているからです。

これを購入する前「ポータブルDVDプレイヤーは耐久性がなく、消耗品」というのを聞いたことがあり、1年くらいが寿命かなと思いながら使っていたのですが、案の定1年ちょっと経った頃に故障してしまいました。諦めて新しいのを買おうかと思っていたのですが、説明をよく見ると「3年保証」の文字が!!そこでサポートセンターにメールで連絡したところ、状態の確認の後、いくつかの方法を試しても解決しないことを確認すると、代替機を送ってくださいました。

大体保証期間というのは1年が多いのでそう思い込んでいたのですが、こちらは3年も保証があったことで助かりました。ですので3年のうちは、少なくともサポートセンターが生きている限りは壊れてもきちんと対応していただけます。

他のもっと安い機種は、保証がついていても1年程度です。私が最初に使っていたものが1年で壊れたことを考えると、ちょっと心もとないように思います。

CPRM対応機を選ぶ

3年も保証はいらないので安いものが欲しいとか、他のデザインのものが欲しいという場合は、CPRM対応機であるかどうかだけ確認しましょう。

CPRMとは、デジタル放送に使われている著作権保護技術のことです。これに対応していないと、テレビで録画した番組をDVDに焼いても再生することができません(DVDもプレイヤーもどちらも対応している必要があります)。なので、お子様に車で「いないいないばあっ!」を見せたくてせっかくDVDに焼いても、CPRM非対応機を買ってしまうと見せることができません。なので、購入の際は「CPRM対応」の文字を確認してから購入しましょう。対応機には必ず記載があります。

ただし市販のDVDなどは非対応機でも再生できますので、テレビ番組を再生するおつもりがないのでしたら非対応機でも構いません。

車載ホルダーも必要

ポータブルDVDプレイヤーを車で見るためには、取りつけのための車載ホルダーが必要です。私が使っているのはこちらの商品です。

車載ホルダーについてはサイズさえ合っていれば何でもいいかなと思いますが、一応使用感をレビューします。

取りつけはとても簡単で、前席のヘッドレストにマジックテープのついた布?(血圧計るときに腕に巻くやつみたいな)を巻きつけるだけでできます。(背景のぼかしが見苦しくてすみません)

本体の出し入れは上から簡単にできます。入れたら上のところをマジックテープで留められるのでしっかり固定できます。

この状態だと本体のボタン操作はできないのですが、本体側面からリモコンで操作することができます。なので、例えば運転中に「こぇやだ!」と早送りをせがまれた場合でも、リモコンさえ手元にあれば、信号で止まった時などにピッとボタンひとつでチャプター飛ばしをできるので大変楽です。(前席のヘッドレストに取りつけてある場合のみ)

まだお子さまが小さくチャイルドシートが後ろ向きや寝かせた状態のときは、後部座席のヘッドレストに取りつけます。多少顔との距離が近くなってしまうのが気になりますが、毎日長時間見せるとかでなければ大丈夫かなと思います。

今書いていて気づきましたが、後部座席に取りつけるときはコードがちょっと届かないかもしれません。お家で充電してから使いましょう。

ちょっと不満なのは、ホルダーのサイズが小さいせいか、画面ために空いた部分の位置が微妙にズレていること。そのせいで少し画面が隠れてしまいます。あと、電源ボタンもサイドのベルトにちょうど隠れてしまいます。でも少々画面が隠れるくらい子どもは大して気にしませんし、電源ボタンも慣れれば特に問題ありません。専用のホルダーではないですし(専用ホルダーはありません)、価格のことを考えるとしょうがないかなと思っています。気になる場合は違うのを探してみてくださいね。

裏ワザ?付属のバッグを利用する方法も

車載ホルダーがなくても、付属のバッグを利用して設置する方法もあります。ただしあまりいい方法ではありません…。

今だけ限定かもしれませんが、本体を購入するとこのようなバッグがついてきます。本体を入れるのにぴったりサイズで、持ち運びにも使えますが、ぴったりすぎて他の付属品(コードやリモコン)を入れる余地はありません。

これを、運転席と助手席のヘッドレストの棒?に通すようにしてぶら下げます。

本体を180度開いてバッグに入れると、画面だけが上から出た状態になります。この時、180度開いた状態からさらにグッと開くと、見るのにちょうどいい角度になります。(180度開いた状態では画面が下を向いてしまって見えづらいです)

これくらい開くとちょうどいい

この方法だとボディ部がバッグの中に隠れてしまっているため、リモコン操作はできません。いちいちバッグから出して操作しないといけないので少し面倒です。なので、運転中にチャプター飛ばしなんかはちょっと無理かもです。

また、注意したいのがお子様が画面を見る角度。うちの場合は1年ほどこのような状態で使っていたのですが、ある時よく見たら息子がめちゃくちゃナナメに画面を見ていました(座席と座席の間の位置にあるのでチャイルドシートから見るとどうしても角度がナナメになってしまう)。ナナメ見は大変目に悪いです。ですので慌てて車載ホルダーを買いました。そういう経緯がありますので、こういう使い方はあまりおオススメはしないです。

それでも何故ご紹介したかというと、ここにバッグがぶら下がっているとリモコン入れにちょうどいいからです。うちは家族みんなで出かけるときは大体運転は夫で、私は後部座席に乗るのですが、平日のお出かけは息子と2人なので当然私が運転です。でもここにリモコンがあると後部座席に座ったときも運転席に座ったときも取り出しやすいのです。リモコンをいちいち移動していたらとっさのときにどこへ行ったかわからず慌ててしまいますので、ここに入れておくのは便利です。ただ繰り返しますが見た目はあんまりよろしくないです、というかちょっと邪魔です…。

外食のときなどにも活躍!

車内で使うだけでなく、外食の時など大人しく座っていないといけない時などにも役立ちます。

0〜2歳くらいの子どもだと、外食するにも一苦労ですよね。まだ長時間大人しく座っているということは中々できません。それでもたまには親も息抜きで外食したいですし、遊びに行った時にカフェで休憩したり、遅くなってしまってそのまま夕飯を食べることになったりと、外食の機会は子どもが小さくてもけっこう多いものです。

そういう時にもポータブルDVDプレイヤーが役に立ちます。このプレイヤーはけっこう大きくて重いので、常に携帯することはできないのですが、例えば車で出かけて外食するときなら、車内で見せていたプレイヤーをそのままお店に持って行って見せることができます。バッテリー内蔵ですので、車内で見せる時にコードをシガーソケットにつなげていれば、外食の間くらいは余裕で充電は保ちます。

ただし持ち込む時はお店の方に一応確認して、さらに音量はオフにしておきましょう。他の方の迷惑になってしまってはよくありません。

あと、書いていて気づきましたがあんまりお行儀のいいやり方とは言えませんね…。普通のお家なら食事の時はテレビは消すのが当たり前でしょうか。うちは家で食事中もテレビつけたりするので気にしてなかったのですが、お行儀わるい!と思う方はやめておきましょう。

見せすぎには注意

当然のことですが、見せすぎは目によくありません。どうしても距離が近くなってしまいますし、DVDを見せておいてほったらかしでは発達にもよくありません。長時間見せすぎないように注意して使うようにしましょう。

車に乗せたままにしない

私もやりがちなのですが、基本的に車に乗せたままにしないようにしましょう。盗難の恐れもありますし、夏場は車内が高温になり火災の可能性もあります。夏場以外でしたら、車載ホルダーから取り出して座席の下に隠しておくなどでもいいかもしれませんが、一番いいのは車から降りるたびに家に持ち帰ることです。その時に付属のバッグを利用してもいいかもしれません。

まあ赤ちゃんを抱っこしたところにさらに荷物が増えるのは大変なので、できる限りでいいと思いますが…。それでも十分に注意しましょう。

1度お試しを!

ポータブルDVDプレイヤーを使い始めて、子どもとの車でのお出かけが怖くなくなりました。私が本当に買ってよかったと思う育児グッズの1つです。

この記事でご紹介したポータブルDVDプレイヤーは、車載ホルダーと合わせても1万円かかりません。でも確実に使えますし、お出かけの際などもあれば絶対に便利です。うちの息子はもう2歳を過ぎて、短距離ならドライブも平気になりましたが、それでもまだまだこのプレイヤーに助けられています。外食のときも大活躍です。

しかも3年保証がついているので、少なくとも3年は安心して使えます。お子様がまだ小さくて、見せてもあまり反応しなかったとしても、もう少し経てば必ず役に立つと思います。

ポータブルDVDプレイヤーで、赤ちゃんとのドライブが少しでも快適になればと思います。お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください