1歳10ヶ月での断乳を断念した話

1歳10ヶ月の息子は、まだまだおっぱい大好き、現役のおっぱいマンです。

先日の日記で、GW中の断乳を考えている、と書いたのですが、色々考えて延期することにしました。その経緯を少し書いてみたいと思います。

GWに断乳をしようと思った理由

もともと2歳までは好きに飲ませて、2人目の妊活に入るまでにはやめようかなと漠然と考えていました。

でもある朝、息子におっぱいを飲ませているとき、それまで何も言ってこなかった夫がいきなり「そろそろちゅんたもおっぱい卒業やな」と息子に向かって言ったのです。

それを聞いて、まったくそんな気がなかった私の中に「そろそろ断乳してもいいのでは?」という気持ちが芽生え、それがどんどん大きくなっていきました。今年、平成31年(令和1年)のGWは10連休。夫がべったり家にいるこの連休なら、ぴったりじゃないか…!

という、単なる思いつきでした。息子の様子を見て…とかではなかったのです。

声かけから始めた

GWに断乳する!と意気込んだ私は、まず声かけから始めました。

断乳をした話でよく聞いていたのが「○日にやめるよ」「あと○日でやめるよ」とあらかじめ話しておいたという話で、我が家もそれに倣おうと思いました。

そこでおっぱいの時に「もうすぐおっぱいおしまいだよ」「おっぱいやめれる?」と声かけしていきました。毎回ではないですが、1日1回は言っていたと思います。

その声かけのタイミングもよくなかったみたいなのですが、それについてはまた後ほど。「やめれる?」と聞かれた息子は健気にウンウンとうなずいていました。

だんだん不安になってくる

さて、声かけは進んでいきましたが、息子の様子を見ていると「こんなにおっぱいの大好きな息子に断乳なんてできるんだろうか…?」と冷静な自分が思い始めます。

スパッとやめずに、日中だけ断乳してみる?または夜間だけ?それに断乳したらただでさえ詰まりがちな私のおっぱいは大変なことになるのでは?そのケアはどうしたらいいの…?

それに、いざGWに断乳!となってみると、「え、ほんとにおっぱいやめるの…?もう、おしまい…?」とすごく寂しくなってきてしまいました。何の心の準備もなしに、思いつきで急に決めてしまったので、気持ちがまったく追いついていなかったのです。

息子のイヤイヤが激しくなる

さらに困ったことに、息子のイヤイヤが急に激しくなったのです。別の日記にも少し書きましたが、とにかく家にいるとものすごく怒るので、起きている間はずっと外出。ご飯は食べないで吐き出すし、外出先でも言うこときかないしで、本当につらかった。大声で怒鳴ったし、手が出そうにもなりました。

なぜこんな急にイヤイヤ期が?と考えてみると、どうも「おっぱいやめよう」の声かけを始めてからのような気がしてきました。偶然かもしれないけど、もしそうだったら…?このまま断乳してしまってもいいの…?

どうすればいいのかわからなくて、どんどん不安になっていきました。

助産師さんに相談することにした

そんなときTwitterで「助産師さんに相談しながら断乳した」という話を見かけて、私もとにかく相談してみることにしました。産院は地元にあるので遠くて行けないのですが、引っ越してきてから乳腺炎になったときにお世話になった助産院があったのでそちらに伺うことにしました。

断乳のことは夫に協力してもらわなければいけなかったので、いっしょに行って話を聞いてもらうことにしました。土曜日でしたが、助産師さんは快く引き受けてくださいました。

土曜日になって、夫と息子と3人で助産院にうかがいました。助産師さんに、GWで断乳しようと思ってたけど、急に息子のイヤイヤが始まってどうしようか迷っている、という話をしました。

助産師さんは話の間息子の様子をじーっと見ていて(息子は夫が見ててくれたけどあちこちのドアを開けたり言うことを聞かず落ち着かなかった)、「まだ怪獣だもんねえ。そりゃおっぱいに頼りたくなるよね」「お母さんから見て様子が変わったっていうなら、まだその時じゃないのかも」とおっしゃいました。

その助産師さんは、前に伺ったときから分かっていたのですが、少々昔気質というか、厳しめの母親観・育児観を持つ方です。母乳育児もWHOが推奨する通り2歳までが望ましいとする考えでした。

まさかの秋まで

なので、そう言われることは薄々わかっていたのですが、ではいつ頃断乳すればいいかという話になると、「一般的に夏場は脱水が心配なので避けるの。延期するなら秋まで待って」とのこと。

…え、秋まで?!

ずいぶん先まで延びてしまいました…。8月頃から妊活を考えているので、もしすぐに妊娠すれば妊娠時期と授乳時期が被ってしまいます。そのことを聞くと、

「妊娠中に授乳しても問題ないというデータもあるの。下の子ができると上の子は不安になりますよ。おっぱいで安心させてあげて、5ヶ月くらいになったらやめるとか」

う~ん、普通言われてることと違いすぎて判断できない(普通は、妊娠中に授乳すると、子宮が収縮して胎児に影響があるとか言いますよね)。でも、こんなイヤイヤな息子と妊娠期を乗りきれる気がしない…!今までわりと話の通じる子だったのはおっぱいの安心感があったからなのかも?もしそうならおっぱいに頼ってしまいたい…

正直、相談に行く前から心はだいぶ傾いてたのですが、助産師さんの言葉が決め手となり、やはり断乳は延期することにしました。

一応、断乳のやり方を聞いておく

では断乳するとなったら一体どうすればいいのか。スパッとやめるのがいいのか、夜だけまたは昼だけにして段階的にやめるのか。その時のおっぱいのケアはどうするのか。断乳を延期するにしろ、それを聞いておかないとまた来ないといけないので、聞いてみました。

助産師さんは、桶谷式の受け売りなんだけど、と前置きして、

「おっぱいは間を空けると味が変わってしょっぱくなるの。桶谷先生はおっぱいは美味しい味のままやめるのがいいという考えだから、やめるならスパッとやめる」

「その時のおっぱいのケアは、2日間はしぼったりせずにそのまま置き、それから2時間くらいかけて(助産師が)全部しぼります」

ただし、断乳のやり方は色々あり、日中だけや夜だけにして段階的にやめる人も多く、それはそれぞれのお母さんが決めること、とのことでした。助産師さんのはあくまで桶谷式のやり方だそうです。

私は自己流でやるのは何となく怖いので、できればそのやり方に従おうと思います。でも息子の様子を見て、もしうまくいかないようなら違う方法を探らないといけないし、その辺は臨機応変にやりたいと思います(臨機応変とか柔軟にとか、苦手だけど…)。

寝かしつけは?

それから、息子は寝るのが苦手で寝かしつけはいまだにおっぱい。しかも添い乳です。断乳したときの寝かしつけをどうすればいいのかというのも心配のひとつでした。それを聞いてみると、

「3人育てたあるお母さんが言ってたのは、『添い乳やってるうちは断乳は無理』って。寝てるうちに勝手に飲んじゃうから。断乳するなら添い乳をやめて、夜中起きたときも座って飲ませる」

「寝かしつけは、一度おばあちゃんやお父さんにやってみてもらってもいいかもね。おんぶで寝かせて、そのまま下ろすとか。その時はお母さんはいない方がいいね」

とのことでした。息子はおんぶはあまり好きじゃないし、抱っこでの寝かしつけも難しそうです。でも、私がいない状況で眠くなったら泣くだろうし、抱っこであやしてるうちに泣きつかれて寝落ち…とかいうパターンなら十分ありえます。息子にも夫(ばあば)にも負担をかけてしまうけど、そういう方向でいくしかなさそうです。

気づかされたこと

断乳のことと別に、助産師さんに言われたことでハッとしたこと、気づかされたことがあったのでそれも書いてみます。

私と助産師さんが話している間ずっと落ち着かず、オモチャもおっぱいも全部イヤでぐずぐず泣いてた息子がようやくおっぱいで落ち着いた時のこと。

授乳の様子をじーっと見てた助産師さんが、「今なんでおっぱい欲しがってるってわかったの?」「おっぱい替えるタイミングはなんでわかったの?」と聞いてきました。私には息子が小声で「おっぱい」と言ったのが聞こえたし、おっぱいから口を離すのが替えるタイミングというのもわかってるので、それは思いがけない質問でした。そして助産師さんはこう言いました。

「これだけ阿吽の呼吸だったら、お父さんは入り込めないよねえ」

夫のことを責めていた

ハッとしました。いつも私は、夫が何となく他人事というか、私に任せとけばいいみたいな雰囲気を出してくるのがイヤで、それを責めるような態度をとってしまっていました。でも、日中ずっといっしょにいる分、私と息子の間だけの空気が出来ていて、夫が入りにくさを感じていたのかも…。

私だって義母と息子が遊んでるときに疎外感を感じることがあります(義実家では義母にべったり)。何かに関して自分より得意な人がその場にいるとき、敵わないけどがんばろう、と思える人は偉いですが、誰でもそんな風に思えるわけではありません。ふてくされたりやる気を失ったりするのも普通のこと。夫がそうというわけではないですが、自分と同じように息子に向かっていけないことを責めたりしないようにしなければ…と思いました。

おっぱいしながらの声かけはNG

それからもうひとつ。おっぱいを飲む息子に「今度お父さんと寝んねしてみる?」と話しかけていると、助産師さんが笑って言いました。

「おっぱい飲んでる時は赤ちゃん至福の時間なんだから。そういうこと言うなら、おっぱい終わったタイミングで言うの」

そ、そうか…!たしかに…!

私はそれまでおっぱいの時が一番話が通じるような気がしていて、断乳のこともおっぱいの最中に「もうすぐおっぱいやめようね」と話しかけていました。でも言われてみるとそれは幸せな時間を邪魔してしまってたのかもしれません。おっぱい飲めるのはあと少しなのですから、飲んでる間くらいはなにも心配せずに飲ませてあげたいなと思いました。

イヤイヤが落ちついた。でも…?

助産師さんと話しているうちに、やっぱりイヤイヤが始まったのは断乳話がもちあがった影響だと思えてきました。他の赤ちゃんは、助産師さんとお母さんが断乳の相談をしていると何かを察して邪魔しにくるそうです。息子は邪魔はしなかったものの、話の間中ずっとイライラぐずぐずしており、「何かイヤなことを話している」と察していたみたいです。結局「断乳は延期します」という結論になってから、やっとおっぱいを飲みにきて落ち着きました(眠かったのもあります)。

そしてその日以降、好きに飲ませていたら、息子のイヤイヤが大分落ち着いたのです。まだ少しはありますが、全然話が通じない、何を怒っているのかわからないということは少なくなりました。思えば、昼寝後は必ず飲んでいたおっぱいを拒否してきたりしたのは、息子なりに我慢していたのかも知れません。でもそれがストレスになってイライラしていたのかも…。

もちろん息子の心の中のことですから、ほんとのところはわかりません。機嫌が悪い時「おっぱい飲む?」と言っても怒って拒否するようになったのは、息子なりに親離れの最初の一歩をすでに踏み出しているからなのかも。おっぱいを続けるのは、それで自分につなぎとめておきたい母のエゴなのかも…。迷いは尽きません。

それでも、おっぱいやめるの、やめた!

でも、とりあえず今の段階では、おっぱいやめるの、やめました。エゴだとしても、おっぱいという最終手段があるのとないのではこちらの心の余裕が違います。「本当にやめてよかったのか」という罪悪感を感じながらイヤイヤな息子と向き合い、さらにお腹で下の子を育てるというのはかなり精神的に辛そうです。

育児は長距離走なので、スタミナの温存が大事です。今日いくら完璧に頑張っても、明日ぶっ倒れたらそれで詰みです。持続可能な程度の頑張りを心がけて、ある程度間違ったり、手を抜いても大丈夫と思って、とりあえず今はこの結論でいきたいと思います。

コメント

  1. […] この日は助産師さんに断乳の相談をしに行った日で、昼寝が短く眠かったはずだし、断乳の不安からくるイヤイヤもまだ残っていたときでした。つまり機嫌が悪かったのは親の都合のせ […]

タイトルとURLをコピーしました