2歳半のクリスマスプレゼントは、ブリオとレゴデュプロ&プラレール!

息子2歳半で迎えたクリスマス。

プレゼントは、ブリオとレゴデュプロにしました!

それから、おまけでこちらも。

さらに、ばあば(私の母)からはプラレールをもらいました。

魅力的なおもちゃが多すぎて、決めるまでにめちゃくちゃ悩みました。この記事では、これらを選んだ理由と、実際に息子と遊んでみた感想を書いてみたいと思います!

ブリオがとにかく大好き

BRIO(ブリオ)は、木でできたレールのおもちゃです。木の温かみと、インテリアにもなじみやすい可愛らしい見た目が人気で、スウェーデン王室御用達とのこと。木のレールおもちゃの代表的なブランドとなっています。

こちらのブリオ、支援センターや有料の遊び場などによく置いてあって、息子は大好きです。いつまでも夢中で遊ぶので、帰りにひきはがすのが大変なくらい。あまりにも好きなので、そのうち買ってあげたいなあと思っていました。

でも、値段を見てみたらびっくり!遊び場に置いてあるくらいのものを揃えようとすると、1万や2万は軽く越えてしまいます。でも気軽に買える値段のセットだと、小さすぎて物足りないかも…。

ブロックラボの追加も欲しくなってきた

それとは別に、ブロックラボのブロックが足りなくなってきたなあというのもありました。これは前の年、1歳半の時のクリスマスプレゼントに買ってあげたものです。

もともとブロック遊びが好きなのと、当時はアンパンマンが大好きだったので、1歳半のクリスマスにこちらを選びました。プレゼントを見た息子は大喜びで、以来ずっとお気に入りのおもちゃです。

最初の頃は、キャラクターの顔と体を組み合わせたり、ただ高く積み上げたりして遊んでいたのですが、2歳になったくらいから形を作るようになっていきました。作るのは大体決まっていて、板状のブロックを使って道路みたいなのを作ってトミカを走らせたり、トンネルを作ってトミカを走らせたり、駐車場みたいなのを作ってトミカを収納したり、そんな感じです。(トミカもとにかく好きです)

でも最近では道路をもっと長くしたいとか、パトカーを作ってほしいなどと言うようになり、手持ちのブロックでは作れないものも増えてきました。そこでブロックラボの追加を探したのですが、中々ちょうどいいのがありませんでした。

ブロックラボには、1.5歳からのファーストブロックシリーズと、3歳からのワールドブロックシリーズがあります。息子に買ったのはファーストブロックシリーズのものです。

ブロックラボ公式ページ

ファーストブロックシリーズは、基本の四角いブロックが主で、表面にキャラクターの絵などが描いてあります。変則的な形のものは、動物や木の形のパーツなどもありますが、そんなに多くはありません。

ワールドブロックシリーズは、ごっこ遊びができるシリーズです。キャラクターは四角いブロックではなく人形になり、パン工場やバイキン城が作れたり滑り台がついていたりと、遊びの幅が広がります。

最初はこのワールドブロックシリーズがいいかなと思ったのですが、このシリーズには基本の四角いブロックがあまり入っていないため、買い足しには向かない気がしてきました。ごっこ遊びはごっこ遊びで好きなのですが、それだと手持ちのブロックの遊びが広がらないままです。やっぱり基本のブロックで色んな形を作るということをやらせてあげたいなあと思いました。

レゴデュプロとブロックラボは互換性あり!

そこで色々調べてみると、ブロックラボはレゴデュプロと互換性があるということがわかりました。

レゴデュプロは、1歳半以上の子ども向けのシリーズで、普通のレゴブロック(クラシック)の2倍のサイズで作られています。普通のレゴブロックと比べて誤飲の心配もなく、小さな子どもの手にも持ちやすいシリーズです。

レゴデュプロの存在は何となく知っていたのですが、まさかブロックラボと互換性があるなんて!しかも、はめてもすぐ取れてしまうことが多いブロックラボとは違い、レゴデュプロはしっかりはまって取れにくいようです。

ブロックの高さは違いますが、気をつけて調節すれば問題なさそうです。色々種類があるようですが、基本のブロックがたくさん入ったセットを探すことにしました。

「デュプロのいろいろアイデアボックス〈DX〉」なんと120ピース!

デュプロシリーズは種類がたくさんあって、基本ブロックが多く入っているものを探すのに苦労しました。特に苦労したのはピース数の把握で、写真だけ見るとすごく少なく見えるんですよね。よく見ると説明のところにピース数が書いてあるのですが、気づかなくて「あれもダメ、これも少ない」とAmazonサイトをさまようはめになりました。

とりあえずこちらの「はじめてのデュプロ(R)はじめてセット」というのがいいかなと思ったのですが、写真を見るとピース数が少なすぎるように見えたので却下。でも説明をよく見ると80ピースになっているので、実は全然少ないことはなかったのです(後で知りました)。

それでさらに色々見ていると、「デュプロのいろいろアイデアボックス〈DX〉」という商品が見つかりました。こちらはピース数なんと120!これだけ入って3,099円(購入時)なら大満足です。レビューを見ると、「四角い基本ブロックが足りなくなって購入した」「基本ブロックの買い足しに最適」などと書かれていて、まさに我が家の用途にぴったりです。こちらを購入することにしました。

※同じような名前の違う商品もあり、こちらはピース数が70と全然違うのでので注意が必要です↓

ブリオもやっぱり買いたい…でもばあばからのプレゼントはプラレール

さて、ブロックの追加は必要なので買うとして、私としてはブリオもどうしても買ってあげたい気持ちがありました。(特別な理由はありません…ただ甘いだけ)

買ってあげればいいじゃないかと思うかもしれませんが、躊躇したのには理由があって、実家の母からもクリスマスプレゼントをもらう約束があったからです。プレゼントはプラレール。プラレールが大好きな息子のために(ブリオに出会ったのは最近で、プラレールはずっと前から好き)、「3歳になったらプラレール買ってあげるわ」と前々から言い続けていた母は、だいぶフライングして、2歳を過ぎた頃にはすでにプラレールを買ってあったのです。(早すぎ)もうあげたくて待ちきれないというので、クリスマスプレゼントにしてもらうことにしました。そこでブリオも買ってしまうと、レールのおもちゃが2つということになってしまいます。

それに、そこまでプラレールをあげるのを楽しみにしてくれていたのに、それとかぶるレールのおもちゃを与えるのはどうなんだろう?しかもばあばと会うのはクリスマス後の年末。まず親(サンタさん)からプレゼントをあげて、その後帰省してばあばのプラレールという形になります。夏から用意してあったばあばのプラレールを差し置いて、ぽっと出のブリオを先に渡してしまっていいんだろうか。きっと後出しのプラレールの印象は薄くなるに違いありません。母はきっとがっかりするだろうし、それはちょっとどうなんだ…

と色々と迷ったのですが、やっぱり私もブリオをあげたいので買うことにしました。(結局)

木製レールのおもちゃは実は色々ある

さて、ブリオを買うことにしたのですが、あんまり高いものは買えないので、3000円~5000円くらいのものを探すことにしました。

ブリオのセットは高いと思っていたのですが、探してみると意外に手頃な価格のセットもありました。ただ内容が少ない!

2番目の「小さな森の基本レールセット」なんて、坂道もないしほんとに小さなセットです。5000円くらい出せば3番目の「カーゴハーバーセット」なんかも買えますが、電車ではなく車なので、ちょっと最初に買うセットって感じではない気がします。

そこで色々見てみると、木製レールのおもちゃにはブリオ以外にもあることがわかりました。

Cute Stoneの木製レールセットは、価格のわりにかなり内容が充実しています。ブリオで同じような内容なら軽く1万円は超えるでしょう。きかんしゃトーマスのセットは、充実度的にはCute Stoneに劣りますが、トーマスの車体は絶対喜びます。

また、IKEAにも木製レールのセットがあります。

IKEA Lillaboo 公式

こちらのセットはかなりお得感がありますね。レールのパーツ数も情景も充実していて、飽きずに遊べそうです。

ただうちの場合近くにIKEAがないので、ネット通販になります。公式サイトで購入すれば+送料990円(メインエリア)、Amazonで購入すると+1498円です。

この辺、価格と内容の充実度的に、かなり惹かれました。

最終的に選んだのはブリオ「マイファースト ビギナーセット」

でも迷った末に選んだのは、結局ブリオの「マイファースト ビギナーセット」です。

他の木製レールではなくブリオを選んだ理由は、やっぱり1番品質がいいだろうと思ったからです。

Cute Stoneのセットは、内容の充実度的には1番で、かなり迷いましたが、レビューを見ると「接続が甘い」というものがあり、少し不安でした。それに「レールの溝が表側にしかない」という説明もあり、そこがちょっとネックになりました。溝が片側にしかなかったり、接続がすぐに外れてしまうのでは、うちの2歳(何かと激しい)は癇癪を起こすのではないかと思いました。

きかんしゃトーマスのセットは車体がかわいくてよかったのですが、レビュー数が少ないのがちょっと気になりました。またIKEAのレールセットは価格のわりに充実度も高くていいのですが、IKEAが近くにないのが残念です。送料で+990円だと結局4000円近くになってしまって、それだとちょっと高いなあと思ってしまいます。また、電車の磁石がくっつく面とくっつかない面があるみたいで、遊びにくそうです。

それで結局、ブリオの「マイファースト ビギナーセット」にしました。値段も手頃で、坂道もついているし、ガイドレールがついているのでレールを輪っかにしなくても遊べます。

クリスマス!息子の反応は?

さて、12月25日、クリスマスの朝。イブの夜、寝かしつけに疲れ果てプレゼントを枕元に置き忘れるというハプニングはあったものの、「サンタさんからもらったんだよ!」ということで、しまってあったブリオをクリスマスの朝に渡すことに成功しました。

念願のブリオを手にした息子は大興奮!遊ぶ姿を写真に撮りたくて「にっこりして」と声をかけると、見たこともないようなとびきりの笑顔を向けてくれました。

デュプロは夜に渡して(これも「サンタさんから」と言って)、お父さんといっしょに開けました。とにかくピース数がたくさんで、こちらも大喜び。2人で大きなおうちのようなものを作って遊んでいました。

おうちです。

クリスマスはケーキもあるし、ピカピカ光る電飾もあるし、新しいおもちゃもあるしで、1日ご機嫌だった息子でした。

ばあばからのプレゼントはプラレール

さて、クリスマスが終わって帰省して、実家の両親からもプレゼントをもらいました。プラレールトーマスのセットです。

こちらも息子は大喜び!帰省中、私が夜に友達に会いに出かけた日があったのですが、プラレールのおかげでばあばとお父さんとお留守番できました。

きかんしゃトーマス ベーシックセット

レゴデュプロで遊んでみた感想。ブロックラボの追加にデュプロは◎!

さて、ここからは新しいおもちゃで遊んでみた感想をレビューしてみたいと思います。

「ブロックラボの追加に」と思って買ったデュプロですが、結論から言うとすごくよかったです

ネットで調べた通り、ちゃんとはまります。ぐらつくこともないです。

アンパンマンの顔の描いたやつと、青色の四角いブロックがブロックラボ

デュプロには、ブロックラボにはない曲線のあるパーツや、小さいパーツがあります。他にも窓のパーツもあっておうちが作れるのが楽しいです。↓

曲線のあるパーツ、小さいパーツ、目玉のパーツ、窓のパーツ。鳥やおうちが作れます。

あとこの男の子と、黄色い鳥!↓

男の子と黄色い鳥

これを見つけた息子はすぐに気に入って「これ、ちゅんくん(息子)!」と宣言していました。「ちゅんくんのおうち、くちゅる(つくる)」と言っては、下の写真のおうち(?)を作っています(正確には親が作る)。黄色い鳥は「ぴよこちゃん」と言って、男の子とセットで遊んでいます。どちらも息子のお気に入りです。

ブロックラボは基本的に角の四角いパーツが主なので、作れる形に限界があります。アンパンマン好きな1歳半のプレゼントにはぴったりでしたが、手先が少し器用になり、アンパンマンへの興味も前ほどではない2歳半には、いろんな形が作れるレゴデュプロが正解だったなあと思います。

ダダンダン…?

こちらは私が作ったダダンダンです。再現度はだいぶ低めですが、こんなのでも息子は喜んでくれました。

ブロックラボとの違いは、顔の曲線が出せること!曲線が出せると随分表現の幅が広がります。

ピカチュウ…?
横から見たところ

↑これはピカチュウです。黒いブロックがなかったので、黄色いブロックとほっぺの赤いブロックだけを集めて試行錯誤して作りました。自分的にはけっこう上手くできたと思ったのですが、息子的には全然ダメだったみたいで「ダダンダンみたいになってるじゃん〜!」と泣きながら壊されました…。(ロボットみたいということらしいです)こういうキャラクターの丸みを表現するのはさすがに難しいです。

こちら↓はパウパトロールのワンちゃん達が乗っているビークルです。ちょっと無理がありますが、一応ゴツゴツしててカッコよく見えるのか「これは、まーしゃるだよぉ!」とか言いながら遊んでいます。

マーシャルのファイアートラック…?(横にある小さいのはマーシャルのつもり)
ラブルのパワーブルドーザー…?(横にあるのはラブルのつもり)
スカイのフライングヘリ…?(プロペラはすぐとれるので遊ぶときは外します)(スカイは頭のリボンの代わりにお花をつけてみました)

レゴデュプロとブロックラボの高さの違い

こういうものをいくつか作ってみて、細かい表情を出したい時はデュプロ、単純に高さを出したい時はブロックラボが使えると思いました。

デュプロは色んな大きさや形があって使いやすいのですが、高さを出したい時だけは少し困ります。デュプロの基本の四角いブロックは、ブロックラボのものより高さが小さいからです。そういう時はブロックラボを使うと簡単に高さを出すことができます。

遊んでいて高さの違いが困るかと言うと、それほどでもありません。むしろ2種類の高さがあることによって表現の幅が広がるかもしれません。2種類を組み合わせることで、写真のように微妙な高さの違いを出すことができます↓

息子は最初、高さの違いに気づいていないようでしたが、遊ぶうちに段々と違いがわかってきました。何かを作っていて高さが合わない時もあるのですが、「これとおんなじ高さのやつ探してごらん」と言うと、高さの合うものを探してくることができます。というわけで、高さの違いに関してはあまり問題ないです。

ちなみに、ブロックラボを3つ、デュプロを5つ重ねるとほぼ同じ高さになります。(ぴったり同じではないですが、遊ぶのには問題ない程度)↓

<2020.03.24追記>

3ヶ月遊んでいるうちに、自分で高さを合わせられるようになりました!それぞれブロックをつなげる順番は違っても、ちゃんと最後には帳尻が合っています。2つの高さのブロックがあることをもう理解しているみたいです。

ブロックラボのブロックプレートが使えた!

デュプロのついでにおまけで買った、こちらのブロックプレートが意外に役に立ちました。

これはそもそも写真左の、ブロックラボのセットにもともと入っていた正方形のプレートの追加が欲しくて注文したものでした↓

左の緑色のが元々あったもの、右の黄色のが新しく買ったもの

息子はよく、この正方形のプレートをつなげて道路に見立ててトミカを走らせて遊んでいたのですが、道路をもっと長くしたそうだったので、追加を買ってあげようと思っていたのでした。探しても正方形のものは単品で売っていなかったので、「じゃあこの2倍のサイズのでいいか」と思ってこちらを注文したのですが、届いてみるとこんなに巨大でした。(よく確認しなかっただけで、ちゃんとサイトには高さ26cmと書いてありました)

失敗しちゃったなあと思っていたのですが、遊んでみると意外に使えました!写真では分かりづらいですが、おうちを作って遊べます↓

これはお父さんが作ったのですが、周りを壁のように囲ってやって、その中にブロックで机やトイレやお風呂を作ってあげると、おままごとみたいなことができます。登場人物は息子(男の子)と黄色い鳥、それからブロックでお父さんとお母さんも作っていました。男の子(息子)とのクオリティの差が激しいですが…↓

赤い目玉がお母さん、緑の目玉がお父さん。

ちなみに、ごっこ遊びをしていて「おでかけ、したいなあ〜」と息子(男の子)が言い出したのですが、ちょうどよくブロックラボの黄色い車が。写真のように、ちゃんと男の子と黄色い鳥を乗せることができます↓

かわいい。

他にも、こんな風にただ1面にブロックをはめていく遊びもけっこう楽しいです↓

こんな風に全部並べて…(左の2枚がブロックプレート)
ブロックをはめていくだけの遊び。

それからブリオのレールと組み合わせて、パウステーションぽいものも作れました。ブロックプレートの上に固定すれば倒れないですし、緑色がちょうど芝生のように見えてよかったです。(レールを使うアイディアは、アニメのエピソードの真似をしました。実際はプラレールのレールの方が外れにくくてよかったです)

レールと組み合わせてパウステーションぽいものを作りました

デュプロの「基礎板」

このように色々遊べるブロックプレートですが、実はもっとちゃんとしたのがあります。私は知らなかったのですが、レゴデュプロには基礎板というのがあるそうです。

これはブロックラボのブロックプレートとは少し違って、厚みがなくサイズも大きいです。でも使い方はほぼ同じで、おうちを作ったり、ブロックで作ったものをこの上に固定して遊びます。(画像はAmazonサイトから)

レゴデュプロ遊びになくてはならないものらしく、ブロックと合わせて買う人が多いようです。

ですが、ブロックラボのブロックプレートでも十分この代わりになると思います。デュプロの基礎板は、大きくて収納場所に困るとか、ふにゃふにゃして扱いにくいというレビューがありました。なのでむしろブロックプレートの方がいいという場合もあるかもしれません。大きすぎないですし、厚みがあるのでこのようにブロックで足をつけることもできます↓

デュプロの基礎板とブロックラボのブロックプレート、どちらがいいかは遊び方によるでしょうが、いずれにせよあった方が遊びの幅が広がるのは確かだと思います。

収納は?→ブロックラボのワゴンにギリギリ入る!

今回購入したデュプロのセットですが、価格が安い代わりに収納する箱がありません。なので、箱を別に用意する必要があります。

ですが、我が家の場合は「ブロックラボ はじめてのブロックワゴン」のワゴンがありましたので、入れてみたらギリギリ入りました!(かなりギュギュッとやりました)

ギリギリ蓋が閉まりました

うちの場合は「はじめてのブロックワゴン」のセット内容にプラスしてこちらのセット↓もいっしょにしてありましたので、通常のセット内容よりもブロックの数が多いのですが、なんとか入りました。なので通常のセット内容+レゴデュプロのセットなら、入ると思います。

でもこれは全部バラして入れた状態で、実際はきちんと全部バラして入れるわけでもないので、大体こんな感じです。プレートも外に出してあります。

蓋がしまりません。ブロックプレートにブロックがくっついたままなんてこともしょっちゅう…

ブロックラボのワゴンは内容のわりにかなり大きくて、それは多分追加を入れられるようにだと思いますが、さすがに120ピースも追加するとギリギリです。でも蓋が閉まらないだけで一応入ることは入るので、我が家の場合はこのまま使っていく予定です。

ブリオで遊んでみた感想。かわいくて遊びやすい!2歳半にぴったり

デュプロが長くなってしまいましたが、次にブリオで遊んでみた感想を。

結果からいうと、大正解でした!息子だけじゃなく親の私も夢中です。本当にかわいい。

木のレール同士でぶつかったときのカランという音も素敵だし、しっとりした手触りもいいし、ペンキ塗りの車体はコロンとしてかわいいです。レールの上を転がす感触やカラカラという音もとても好きです。

セット内容が少ないのですぐに飽きてしまうんじゃないかと心配していたのですが、全然そんなことはなく、ほぼ毎日組み立てては遊んでいます。

1人で遊んでいるとすぐ飽きてしまうのですが、車体が(先頭車両と貨車の)2つあるので、息子は先頭車両、私は貨車とそれぞれ持って、競争させたりレールの上でぶつけたりして遊んでいます。

やっぱり坂道があるのがいいですね。単純な円形や8の字よりもずっと楽しめると思います。坂道の上から転がすとピューっと走っていくのが楽しいです。

また、ガイドレールがあるおかげでコースを円形にする必要がなく、自由なレイアウトで遊べます。ガイドレールというのは、下の写真でレールの終わりにつけてある赤色と緑色のやつです↓(ちなみにですが、写真のようにプラレールも走らせることができます)レールと床との段差をなくしてくれます。

息子が適当に作ったレイアウトでも遊べます(手に持っているのはプラレール)

更に、ブロックと組み合わせるとこんな遊び方もできます。↓

ブロックで橋脚とトンネルを作ってあります

また、レールのつなぎ目部分に余裕があるので、ちょっと強引なレイアウトもできてしまうのがいいです。

とにかく小さい子どもが適当に扱っても大丈夫というところがブリオのいいところだと思います。今の息子にぴったりなおもちゃだったと思います。

追加が欲しくなる…

ただやっばり、追加は欲しくなります。この内容でも十分遊べるのですが、遊び場などに置いてあるものだともっとたくさんレールがあるので、家にもこんなにあったら楽しいだろうなと思ってしまいます。特にこのセットには直線レールが入っていないので、そこが残念です。直線レールがあと1本か2本あれば、もっと色んなコースが作れるはずなんですよね。

レールのおもちゃって、半分はコースを作るのが楽しいんですよね。なので、レールがたくさんあって、大きくて分岐もある複雑なコースが作れたら楽しいだろうなと思います。

もし次に買う機会があったら欲しいと思っているのはこれです。今回買ったセットにはない直線レール分岐レールが入った、50ピースのセットです。坂道レール橋脚も入っていて、車止めまであります。ちょっとお高いので、誕生日とかの機会じゃないとあげられませんが…

でもこれはレールだけのセットなので、やっぱり橋や駅などの情景パーツも欲しいですね。情景パーツや乗客の人形があれば、ごっこ遊びがもっとできると思います。それから息子は多分電車の新しいのが欲しいと思うので、そうなるとほんとキリがないです。

Amazonで見た感じだと情景や人形だけのセットはなさそうなので、何かのセットを買う必要があります。そうすると最初に挙げたものと合わせて1万円は下らないと思うので、それなら最初から大きなセットを買う方がいいような気もします。

これなんかすごくいいですね。でもやっぱり値が張るので、誕生日とかじゃないと無理そうです。次の誕生日のプレゼントにはキッズバイクを買ってあげたいと思っているので、悩むところです。安いバイクとこれにするか、高いバイクにしてこれを諦めるか。今からまた考えないと…

思ったよりも場所を取る

コースを大きくしていく夢ばかりが広がるのですが、ひとつ問題があります。コースを広げるスペースです。レールのおもちゃは思っていたより場所を取ります

このセットはレイアウトが決まっていないので、息子がどんどん自由にコースを組んでいきます。そうなるととても横に長いレイアウトとかもできてしまうので、けっこう場所を取るのです。

今はまだ遊べますが、レールのパーツを増やしてコースを大きくしていったら、果たして遊ぶ場所があるのかどうか…

畳やカーペットの上だと遊びにくい

さらに困ったことに、うちのアパートには和室があるのですが、畳やカーペットなどデコボコした場所だと、レールががたついてしまって遊びにくいんです。

レールのつなぎ部分に遊びがあるので、下がデコボコした場所だとレールが浮いてしまいます。レールが浮いていると、列車を走らせていても脱線してしまうので困ります。また、毛足の長いカーペットの上とかだと、レールが外れてしまうこともあります。

畳やカーペットの上でも遊べないことはないのですが(実際遊んでいますし)、遊ぶ場所があるかどうかは買う前によく考える必要があると思います。

とはいえ、ブリオはやっぱりとてもいいです。買って良かったと思いますし、できれば買い足していきたいです!

プラレールで遊んだ感想。食いつきはすごいけど、まだ少し早いかも

さて、次にプラレールで遊んだ感想です。

ブリオとプラレール、2種類もレールのおもちゃがあって、遊ぶかな?と不安だったのですが、心配ありませんでした。毎日、両方で遊んでいます。

まず、片方のレール(ブリオならブリオ)を組み立てます。そしてもう片方を組み立てます。それからトーマスのスイッチを入れて走らせ、その隣でブリオで遊ぶのです。ブリオに飽きたらブロックで遊びますが、トーマスは走らせたまま。とにかくトーマスはほぼ毎日走り続けています

プラレールのトーマスは自走しますが、ブリオは手転がしなので、ブリオの方が触っている時間は長いです。プラレールは、走っていればそれで満足みたいです。というか、列車が自走するので何もすることがないんですよね。

扱いがブリオより難しい

プラレールもブリオと同じくらい大好きな息子ですが、扱いはプラレールの方が難しいようです。

プラレールは、ブリオと違ってレールのつなぎ目に遊びがないため、つなぎ目をカチッと合わせる必要があります。それが2歳児にはちょっと難しいらしく、最初はうまくはまりませんでした。つなぎ目が浮いていると、列車が脱線してしまいます。今ではそれを学習してきっちりはめられるようになってきましたが、まだ少し早いのかなあという感じはします。

また、列車を連結させたり、連結やレールのつなぎ目を外したりという作業も2歳の子には少し難しいようです。息子は力加減がまだわからないので、いつバキッといくかとヒヤヒヤしています。特に列車の連結部分は細いので、そのうち壊れそうな気がしています。(意外と見た目よりは頑丈ですが)

コースを作るのもまだ自分ではできません。ブリオと違い、基本的にプラレールのコースは円になるように組むので、コースのレイアウトが決まっています。今回買ってもらったセットはコースが楕円形なので、直線レールを向かい合わせに置く必要があるのですが、その位置がどうしても覚えられないようです。なのでコースを作るときはいつも「どうなってしゅるの?」聞きに来ます。

このように、プラレールは2歳児にはまだ扱いが難しいようです。でもブリオと同じくらい気に入って遊んではいます。

音がうるさい…

これは買う前から予想はしていたのですが、予想以上に音がうるさいです。

おもちゃ売り場で動いてるのを見たときもけっこう音がするなあと思ったのですが、静かな家の中で動いているとほんとにうるさいです

音の大きさ自体はそんなに大したことないのですが、ずーーーっと1日中「ジジジジ……」と鳴っているとかなりキツイです。止めたいけど止められなくて(怒るので)、イライラしてしまいます。好きな人にはたまらない音なのかもしれませんが…

電池の消耗がすごい→エネループ必須!

今回買ったセットでは、先頭車両のトーマスのみ自走し、電池は単3電池1本を使います。遊び始めてビックリしたのですが、なんと3日で電池が切れました。しかも入れてたのは安い電池とかじゃなく、長持ちが売りのエボルタNEOです。

1日中動いていれば当然なのかもしれませんが、3日で1本消費してたら電池がいくつあっても足りません。そこで、昔買って置いてあったエネループを引っ張り出してきました。

エネループは充電式の電池で、専用の充電器を使ってコンセントで充電することで繰り返し使えるという、エコでお得な電池です。

充電器とセットで3000円以上しますが、乾電池を買い続けることを考えたら断然安いと思います。電気代も、1回あたり4本合わせても1円程度だそう。ゴミが出ないのもありがたいですよね。

エネループにしてから、息子がいくらトーマスを走らせっぱなしにしていても電池のことは気にならなくなりました。乾電池だと「電池がもったいない!」とスイッチを切りたくなりますが、エネループなら問題なしです。プラレールで遊ぶときは、エネループは必須!だと思います。

充電池にも色々と種類がある

ちなみにですが、今回調べてみたところ、充電池にはエネループの他にも色々と種類があるみたいです。

上にリンクを貼った充電器は、標準充電器です。急速充電器もありますが、同時にたくさん使うとかでない限り「標準」で間に合うんじゃないかと思います。でももし今後列車を増やしていって、電池がたくさん必要になったら「急速」が必要になるかもしれません↓

次に充電池本体ですが、うちにあるエネループで、電池の持ちは2日程度という印象です。乾電池エボルタNEOは3日程度ですので、エネループにして換える頻度は高くなりました。うちのが古いからというのもあると思いますが、パナソニックの充電池には他にも種類があり、もっと持ちがいいものもあるようです。

まずこちらの充電式エボルタ。普通のエネループが「くり返し回数が長持ち」なのに対し、こちらは「1回の使用時間が長持ち」らしいです。(充電式エボルタeとは別)

それから、さらに長持ちなのがこちらのエネループプロ

普通のエネループより高いですが、数百円しか変わらないので、もし次買うならこのエネループプロにしようかなと思っています。

パナソニック以外の充電池もあって、価格は安いみたいですが、性能のことはわかりません。パナソニックが安心かなと思います。

やっぱり追加レールが欲しくなる→安いので即買い!

さて、ブリオと同じように、プラレールもすぐに追加レールが欲しくなりました。今回のトーマスプラレールのセットには坂道レールがなかったのですが、息子が普通のレールで無理矢理坂道を作って遊んでいたので、かわいそうになって買ってあげてしまいました。夫に「これ以上おもちゃを増やすのは…」と常々言われているので我慢していたのですが、やっぱりどうにも堪えきれませんでした

買ったのはこちら。ニュー坂道レールです。

ブリオと違って、プラレールはレールが安いのがありがたいです。それに大体のおもちゃ売り場に置いてあるし、種類ごとにバラ売りしているのも気がきいてますよね。個人的にプラレールよりブリオの方が好きなのですが、こういうところはプラレールが強いなと思います。さすが、人気あるだけありますね。

このニュー坂道レールを使って、このようなコースを作ることができました↓今回買ったニュー坂道レールは普通の直線レールの2倍の長さで、2本入り。下を支える橋脚も2つセットで付いてきます。

もともとの楕円形のコースの直線部分に坂道をつなげ、橋脚とトーマスセットに入っていたトンネルで高さを出しました(写真では橋脚の代わりにブロックが置いてあります)

トーマスのセットに入っているトンネルは、橋脚に乗せたレールと同じ高さで、上部にレールをつなぐことができます。これを橋脚+レールの代わりとして、高さのあるコースを作ることができました。

息子はやっぱり大喜び。さらにプラレールが大好きになりました。

でも、コースを作るのはより難しくなって、1人では絶対にできなくなりました。下の写真は息子が自由に組んだコースです↓

ちなみに電源をオフにすれば手転がしでも遊べますので、これでも一応遊べることは遊べます。(むしろけっこう楽しんでます)

何にせよ、やっぱりちょっとプラレールは難しいです。

というかそもそもプラレールは対象年齢が3歳以上なんですね。ブリオも、今回買ったものは1歳半からですが、「ブリオワールド(情景パーツや乗客の人形が入ったシリーズ)」は3歳からのようです。小部品があって危ないということで、今後気をつけて遊びたいと思います。

レールの収納が大変

あと1つ、大変なのが、レールの収納です。

最初のセット内容だけなら問題なかったのですが、ニュー坂道レールを買ってから問題が発生しました↓

収納ボックスからレールが飛び出しています

新しく増えたおもちゃ用に、3COINSで収納ボックスを買ってきたのですが、ニュー坂道レールが入りませんでした。

ネットでプラレール収納について調べたらたくさん出てきたのですが、大きな引き出し付きケースとかは置く場所がないので無理だし、ちょっと困っています。まだ今はこれで大丈夫ですが、もしこれからもっと増えたら何か考えないといけません。

色々と困った点もありますが、息子が喜んで遊んでくれているので良かったと思います。

レゴデュプロとブリオとプラレール、全部大満足!

以上、2歳半の息子のクリスマスプレゼントについて、これらを選んだ理由と遊んでみた感想を書いてみました。

息子に買ってあげたいおもちゃがたくさんあって、今回のプレゼントも1ヶ月くらい悩んでやっと決めました。他にもニューブロックとかコロコロブロックとか、シルバニアファミリーとかも買ってあげたかったんですけど、結局レゴデュプロとブリオ(ばあばからはプラレール)となりました。結果的には、これでよかったと思います。

レゴデュプロは2歳半の今ぴったりのおもちゃだと思いますし、息子が大好きなブリオも買ってあげられました。プラレールはまだ少し早かったですが、これからも長く遊べると思います。レールのおもちゃが2つという、ちょっと普通にはない組み合わせでしたが、乗り物大好きな息子にはいいクリスマスプレゼントだったと思います。

今後の展開(?)としては、ブリオの追加セットはぜひ買いたいところです。息子が好きだからもあるのですが、私自身がハマってしまったからです。でも次の誕生日にはキッズバイクを買ってあげたいと思ってるので、ちょっと悩むところです。

プラレールは、レールがバラ売りで安いので、多分ちょこちょこと買い足していくと思います。結局セットで買ってもいっしょなんですけど、少しずつ買うのだと罪悪感が小さいですよね。プラレールは大きくなっても遊べるでしょうし、その意味でも今後増えていくと思います。

レゴデュプロは、もう十分ピース数は足りているので、とりあえず今のところ買い足しはしない予定です。もしブロックを買うなら次はニューブロックがいいなと思います。これもよく行く遊び場にあって、息子の大のお気に入りなので。これ以上ブロックばかり増えてどうするんだという気もしますが…。

とりあえず3歳の誕生日まで、これらでたっぷり遊びたいと思います。誕生日のプレゼントは何にするか、また息子の様子を観察しながらじっくり考えたいと思います。どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください