1歳7ヶ月。意外と繊細なこころ

先日、里帰りから帰って来るとき、子供づれでの電車移動は大変だろうからと、母がいっしょに来てくれました。(甘やかされてますね…)
ちょうど夫の仕事が忙しかったため、こっちで2泊してもらうことに。
息子とたっぷり遊んで、それでも名残惜しそうに、また電車で帰っていきました。

さて、赤ちゃんというのはスリッパが大好きですよね。
0歳のころはすぐ口に持っていくので隠してましたが、だんだんそういうこともなくなり、今では解禁しています。
それでも、やっぱりスリッパで遊ぶのは大好きで、しょっちゅう手に持ったり履いて歩いたりして遊んでいます。
そんな中での出来事がこちら。

「痛い」とき意外の大泣きは珍しい息子。

普段、息子は「転んで頭を打った」とか「指をはさんだ」などの「痛い」思いをしたときしか大泣きしません。
ですが、最近「精神的なショック」でも大泣きすることが増えてきました。

先日も、遊び場にいたお友達と遊ぼうと駆け寄ったところ、その子がいきなり息子のもっていたおもちゃを取ろうとしてきたので、ショックで大泣き。しばらく泣き止みませんでした。

多分、その前日にほかのお友達と楽しく遊んだのを思い出して、そのつもりで駆け寄ったのでしょう。そしたら予想と違ったので、ショックだったんだと思います。
でもそれまでだとそういう激しい反応はなかったので(きょとんとするだけ)、成長したんだなあと息子の背中をさすりながら思いました。

この時も、ばあばにぎゅーしたら喜んでもらえると思ったのに、予想外に怒られたので、ショックを受けたみたいでした。
私はそういう場面に弱いので、この時も息子の背中をさすりながら、ちょっともらい泣きしてしまいました。

ちなみに、このスリッパは近くのフリーマーケットでたまたま見つけて買ったのですが、あったかくて履き心地がいいので、大人にも大人気です。
あれ、ない…と思ったらキッチンにいる夫が履いてたり、私が履いてると息子が奪いに来たり、家族でいつも取り合いしています。

読んでくださりありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください