1歳11ヶ月:最近の息子の偏食ごはん

こんにちは!お子さまの偏食で悩むママさんパパさん、毎日お疲れさまです。

うちの息子もなかなかの偏食でして、それに関する記事を過去に2つ書きました。

最初の記事を書いた頃は、息子の食事はかなり適当にやっていて、記事を書いてみて少し反省しました。

一歳半。偏食な息子のリアルごはん

そこで「偏食克服!」を目標に色々やってみて、その経過を2つ目の記事にしました。

一歳、偏食克服チャレンジ!「肉・魚・野菜食べない」に対してこんなことやってみた

そして今。息子の食事をどうしているのか、偏食とどう向き合っているのか…。また書いてみたいと思います!

イヤイヤが始まってイライラ!

息子に色んなものを食べてほしいと四苦八苦しているうちに、イヤイヤが始まってしまいました。これは急に断乳をしようとしたせいもあったので、断乳を見合わせた今は少し落ち着きましたが、それでも「魔の2歳」に向けて息子のイヤイヤはどんどん加速してきているように感じます。

するとどうなるか?そう、息子の食事がよりハードモードになるのです…!!

嫌いなものが出ると食べない。ろくに食べてないのに「ごちそうさま」する。口に入れても吐き出す。手でぐちゃぐちゃにつぶす、捨てる。

正直他のことでイヤイヤし始めたら、放置したり譲歩したりして適当にやりすごしているのですが、食事のときだけはどうしてもダメです。私自身が食べるのが好きだし、「残さず食べる」ように育てられた世代なので「嫌いな食べ物を残す、ぐちゃぐちゃにして捨てる」なんて許せないのです!

それで息子が食べ物を口から出したり、手でぐちゃぐちゃにしたりするたびに、つい大声で怒鳴ったり、あやうく手が出そうになったりしていました。

「食事は楽しく」を優先したい

でも、やっぱり怒ってばかりは辛い…。それに怒られてばっかりいたら、息子にとっても食事の時間が辛いだけの時間になってしまいます。

子どもにだって日によって食べたいとか食べたくないもあるだろうし、赤ちゃんならべーっとしてしまうのもある程度は仕方ないこと。なので、お行儀はとりあえず置いといて、まずは「意欲」を育てることを優先したい。もっと大きくなったときに何でも食べられる子になっているように、今は楽しく食べることを目標にしたい!と考えました。

わざわざ作らない!

それでも、頑張って用意した食事をぐちゃぐちゃにされるのはやっぱり辛い。なので、子どもの食事は一切頑張らないことに決めました!

そこで心がけているのが、「わざわざ作らない」こと。作るのは確実に喜んで食べるものだけで、食べるか食べないかわからないものは、子ども用に「わざわざ」作らないことにしました。新食材、新メニューは大人用からの取り分けのみ。それくらいなら、食べなくてもダメージは少ないです。食べるのを嫌がったら、ぐちゃぐちゃにする前にさっと下げてしまいます。

最近のメニュー

では具体的にどうしているかというと、基本のメニューはほぼ好きなもので固定です。内容は次の通りです。

  • 生のトマト
  • ほうれん草入りオムレツ(たまにツナ入り)
  • 干しいもまたはさつまいも
  • ゆかりごはん
  • 煮豆
  • コーン
  • パン
  • うどん

以上です。(少ない…

あとは、大人の料理の取り分けです。基本的に朝昼を上記のメニュー(というほどでもない)で回して、夕飯は大人の取り分けという感じです。次にある日の息子のメニューを書いてみます。

ある日の朝食:トマトと煮豆とごはん

煮豆。私の分から取り分けます
  • 生のトマト半分
  • 煮豆
  • ゆかりごはん

生のトマトは皮を剥いてひとくちサイズに切ります。皮を剥くのは息子が嫌がるからというのもありますが、生で食べるので人の手が触れた部分はちょっと…というのもあります。

煮豆は私が毎朝食べるようにしている常備菜です。息子にも出してみたところパクパク食べたので、取り分けするようになりました。量は多くなくて最近では5粒くらい(最近は飽きてきて食べないときも多いです)、にんじんは大さじ1くらい食べます。レシピはまた後で書きたいと思います。

ごはんにはゆかりをかけてあげます。実家の母の手作りで、薄味で余計なものは入っていないので安心してあげられます(保存料も入ってないので冷蔵庫で保管)。

ある日の昼食:ほうれん草オムレツと干しいもとパン

ほうれん草のオムレツ
  • ほうれん草入りオムレツ
  • 干しいも1本
  • 食パン6枚切り1枚

ほうれん草はゆでて刻んで卵などに混ぜると、味も食感も気にならないので重宝しています。ひと束まとめてゆでて、柔らかい葉の部分をみじん切りにして、製氷皿で小分けにして冷凍してあります。茎の部分は大人の夕飯のおひたしに。1食分はキューブ1つ(大さじ1.5くらい)です。

オムレツは卵1個とほうれん草と牛乳約50ccを混ぜて油をひいたフライパンで焼き、2つ折りにします。それからひとくちサイズにスプーンで切って、ケチャップ約小さじ1を塗って完成。ほうれん草の代わりににんじんのすりおろしを入れたり、タンパク質が足りてない時はツナを小さじ1程度混ぜたりもします。

さつまいもは便秘に最高なので、毎日食べさせています。息子は生まれたときから便秘がちなのですが、さつまいもを食べるようになってほぼ毎日出るようになりました。

干しいもはちょっとお高いのですが、実家の母が息子の便秘を心配して買ってくれています。それがなくなると、スーパーでさつまいもを買ってきてレンジで焼きいもにします。(大きいのだと)大体4等分に切って、ラップに包んで冷凍しておきます。レンジ焼きいもは解凍コースでゆっくり作るので時間がかかるのが難点ですが、とっても甘くて美味しくなります(検索すればレシピがたくさんあります)。

食パンは、「超熟 国産小麦 6枚切」を1枚あげています。パンによく使われる「ショートニング」は体によくないと、産院の助産師さんから言われました。こういった添加物についてはいろんな情報があってよくわからないのですが、とりあえず子どもに与える場合は避けるようにしています。スーパーで売ってるパンだと、「超熟 国産小麦」がショートニング不使用です(代わりにバター使用)。

【バラ売】パスコ 超熟 国産小麦 6枚スライス価格:240円
(2019/5/15 11:29時点)
感想(1件)

ある日の夕食:春巻とかぼちゃの煮物とコーンごはん

春巻き
コーンごはん
  • 春巻き1.5本
  • かぼちゃの煮物2かけ
  • コーンのごはん

夕飯は大人のメニューから取り分けです。春巻は、ひき肉とキャベツだけの簡単なもので、大人のメニューと同じものです。クックパッドのレシピを参考にして作りました(多少薄味にしてあります)。普段お肉はほぼ食べないのですが、こういった揚げ物の時だけはパクパク食べます。この日も完食でした。

基本的に甘い味つけが好きなので、かぼちゃの煮物はけっこう食べます。それに煮るだけで簡単にできるので、我が家では割りと定番の副菜です。量はいつも1かけか2かけくらいです。

コーンは大さじ1.5くらいをごはんと混ぜます。コーンも甘くて大好きなので、パクパク食べますが、食べ過ぎるとなぜかうんちが固くなるので注意です(うちの子だけ?)。

以上、ある日のごはんでした。ちなみに実際にこの献立の日があったわけではなく、標準的な1日の献立を作って例にしてみました。大体いつもこんな感じです。

かなり適当!

ご覧いただいてお分かりの通り、かなり適当です!野菜の品数も量も足りてないし、動物性タンパク質も少なすぎます…。下の写真は1歳半検診でもらった、1日にとりたい食品バランス表です。

キッチンに貼ってある食品バランス表

足りてるのは、「黄色」の米・パン・めん類といも、それから「赤色」の卵くらいでしょうか…。

まあ、足りてるに越したことはないのでしょうが、食べないものはしょうがないんですよね。ちなみに息子はめちゃくちゃ元気で健康です。おっぱいも飲んでますが、もう2歳近くになるとどれだけ栄養的に貢献してるのか謎です。だからまあ…大丈夫!

偏食の息子が食べやすいメニュー・食材

偏食にも色々あって、お子さまそれぞれ違うと思いますが、息子の場合はこんなのなら食べるよ!というのをご紹介したいと思います。

①煮豆とにんじんの炒め物

これは料理教室で教わったレシピをアレンジしたものです。息子には煮豆と柔らかいにんじんの食感はハマったようで、けっこうパクパク食べました。最近は飽きてきてあんまり食べなくなりましたが…。※圧力鍋と千切り器を使います。

<材料>
乾燥大豆…約1カップ(パックの水煮大豆なら1パック)
にんじん…約1本
細切り昆布(乾燥)…大1~お好み
かつおぶし…大1~お好み
桜えび(干しえび)…大1~お好み
しょうゆ…大1
みりん…大1
鶏がらスープのもと…小1~お好み

  1. 乾燥大豆は洗って、たっぷりの水とともに圧力鍋に入れ、火にかける。圧がかかったら弱火にして10分加圧後、圧が抜けるまで放置。(水煮大豆を使う場合は省略)
  2. 細切り昆布を洗って水で戻しておく(すぐ戻ります)。
  3. 千切り器を使ってにんじんを千切りにする。
  4. 圧が抜けたら豆をザルにあける。
  5. 2と3をフライパンに入れ、ごま油をまわしかけ、まぜて全体にいきわたらせる。
  6. 中火でにんじんが柔らかくなるまで炒めたら、水を切った昆布とかつおぶし、桜えびを入れ、さらに調味料も全部入れ、味がなじむまで軽く炒める。

♪ポイント♪

  • 乾燥大豆は普通前日から戻しますが、面倒なのでいきなり圧力鍋で煮てしまいます。普通においしくできます。
  • 味つけはしょうゆとみりんの量は固定で、味が薄いと感じたら鶏がらスープのもとで調整します。
  • 冷蔵庫で4日ほど保存できます。お子様にあげる場合ははもっと早めにあげるか冷凍してください。
  • にんじんの千切りはフライパンの上でやると楽です。あと貝印の千切り器はめちゃくちゃ便利なので一家にひとつオススメしたい!にんじんのために買ったようなものですが、これでにんじんたくさん食べるようになりました。
<メール便 送料無料>貝印 セレクト100 細せん切り器 DH3004 【キャベツ/千切り/スライサー/ステンレス刃/kai/食洗機/使用/OK/SELECT100】価格:1,620円
(2019/5/18 22:57時点)
感想(0件)

このレシピは豆を煮るところだけが面倒なのですが、他は一瞬でできます。にんじんも千切り器があれば一瞬です!スキマ時間があるとき、豆だけ先に火にかけて放置しておいて、後でほかの材料と炒める、という流れが楽です。

②砂肝の炊いたの

これも料理教室で教わったメニューです。こちらの記事に書きました↓

一歳、偏食克服チャレンジ!「肉・魚・野菜食べない」に対してこんなことやってみた

③揚げ物・油の多いもの

意外といいのが揚げ物です。普段は食べないお肉も、から揚げなどにしてあげるとパクパク食べたりします。あと野菜も天ぷらだと食べたりします。それからノンオイルでないツナ缶や、脂ののった魚(ぶりあらや鮭など)も食べることが多いです。
ただ、油の多いものばかりあげるわけにはいかないのが難点です。

④甘い味つけのもの

上に書いたかぼちゃの煮物もそうですが、基本的に甘い味つけのものは好きです。私はあまり料理に砂糖を使わないのですが、義実家でごはんを食べるときは甘いおかずが多いので比較的よく食べます。

⑤すっぱいもの

きゅうりとワカメの酢の物

すっぱいものが好きな幼児というのは珍しいでしょうか?息子は私に似たのかすっぱいものが大好きです。きゅうりとワカメの酢の物はきゅうりのパリパリ感も気に入っているようです。トマト味も大好きなので、ケチャップは欠かせない調味料です。

⑥キノコ類

きのこのスープ

こちらは食材になりますが、きのこは好きです。くにゅくにゅした食感と、のどごしがいいためだと思います。きのこも野菜!

⑦鶏手羽元をホロホロになるまで煮たもの

お肉はパサパサ感が苦手で、ひき肉も薄切り肉も、鶏ももとかもダメなのですが、手羽元だけはよく煮るとかなり柔らかくなるので食べられるときがあります。それでもお肉なのでべーっとするときもありますが、成功率は高めです。かじるのが好きなので、骨ごと持たせると夢中でかじっています(特に軟骨が好き。ごりごりかみ砕きます)。圧力鍋を使えば時間もかからず楽です!

⑧スープ類

スープは大好きです。おみそ汁はもちろん、中華スープ、コンソメスープなど何でも。お出汁がきいてる方が好きみたいです。お肉で出汁をとったスープを飲んだら、それで栄養とれたってことにならないかなーと思ってます…。

⑨チルド餃子やすき家の牛丼など

チルド餃子のはしっこだけ

市販のチルド品やテイクアウトなど、いかにも添加物たっぷりって感じの味つけは好きみたいです。親としてはあんまりしょっちゅうあげたくはないですが、たまに楽したいときとかはあげています。

チルド餃子は皮が好きなので、はじっこの方だけキッチンばさみで切ってあげます。お肉も少しだけなら食べてくれます。自分で作るときはお肉がパサパサしてしまってあの感じにならないのですよね。

それからすき家の牛丼!お肉嫌いの息子ですが、甘めの味つけのせいか一度あげてみたら意外と食べました。お肉がペラペラなのも食べやすいのかも?たまにはそういうのもいいですよね!

以上が息子にも食べやすいメニューでした。色々と試行錯誤して、やっと「これなら」というのを集めてきた感じです。それでもしょっちゅう出してたら飽きられるので、頃合い見てそーっと出して、また違うので様子見て…という感じでやってます。

まとめ:とにかく頑張らない

私にとって「食べ物を粗末にする」は地雷みたいで、どうにも我慢できません。なので、なるべく吐き出されないメニュー・吐き出されてもダメージの少ないやり方でやっていくことにしました。

それが、「朝昼は固定メニュー/夜は取り分け」というやり方。好きなものなら食べるし、取り分けならわざわざ作ったわけじゃないので精神的なダメージも少ないです。

これからは取り分けで色んな食材・メニューにチャレンジして、食べられるものを少しでも増やしていきたいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

4 Replies to “1歳11ヶ月:最近の息子の偏食ごはん”

  1. 1歳半の食べない次男に悩んでいて、ブログ拝見させていたどきました。共感することだらけです……
    うちもまだおっぱいを飲んでいるためか、ごはんはあまり食べません。
    食べムラが激しくてある日たくさん食べても別の日は全く……なんてこともしょっちゅうです。心折れてわざわざは私も作りません。前はおやきなどよく作っていましたが。
    お味噌汁の豆腐と納豆ごはんならまぁまぁ食べるので、炭水化物とたんぱく質はまだましかなと思うのですが、やっぱり悩みは野菜と鉄分ですね。
    それでも次男は身長は高め、体重は標準なので、よく育ったなと思っています。いつかぱくぱく食べてくれる日を夢見て、心折れない程度に私も頑張ろうと思います。
    とても参考になりました。ありがとうございました。

    1. かずままさん、コメントありがとうございます♪ブログを始めてから頂いた初のコメントで、とても嬉しいです…!
      1歳半の息子さんも食べなくてお困りなのですね。お気持ちわかります、食べてくれないのって本当につらいですよね。野菜と鉄分が心配なのもわかります。卵だけでも食べてくれると、鉄分に関してはまだ安心なのですが…。
      それでも発育に関しては問題なしとのことで、そこは安心ですね。きっと母乳も助けになってるんだと思いますが、おっぱいのせいで食べないということもあるので悩みどころですね。私の知り合いのお子さんは、母乳をやめたとたんめちゃくちゃ食べるようになったそうです。
      ちなみにうちの息子はもうすぐ2歳半になりますが、いまだにおっぱいを飲んでいます(泣)。自宅保育ですのでもう飲み放題です。それでも体が大きくなってきてお腹が空くのか、大分偏食もなおって、量も食べるようになってきました!個人差はあるでしょうが、「お腹が空けば食べる」というのは実際あると思います。
      上のお子さんもいらっしゃって大変でしょうし、毎日のことでもありますから、あんまり考えすぎずに、頑張りすぎずにやっていって頂ければと思います。長くなってしまいましたが、かずままさんの苦労が報われる日が来るよう祈っています。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください